中文  •  日本語  •  English  •  한국어
      グループ案内   |   スタッフ案内   |   主要業務   |   知財ニュース   |   路浩ニュース   |   拠点一覧 
           トップページ < < 弊所弁護士は中国IPGの専門委員会会合で演説    



弊所弁護士は中国IPGの専門委員会会合で演説

       

20201214日に、弊所弁護士の劉晶婷は中国IPGの専門委員会会合で「民事訴訟における証拠に関する若干の規定(2019――改正要点に関する検討」をテーマにして演説した。

具体的な内容について、(一)自認について、(二)証拠形式、(三)電子証拠、(四)法院への調査・証拠収集及び保全の申立、(五)鑑定について、(六)書証提出命令、(七)挙証期間、(八)証拠質疑、という八点を法的視点から説明した。また、事例を挟んで説明する形で聴衆者に分かりやすいように説明したので、好評された。

                                              

北京路浩.png